関節リウマチ

関節リウマチは外から入ってきた異物を排除するはずの免疫機能が何故か体内の関節を攻撃して炎症を起こす事で、関節に腫れや痛みを伴う疾患です。 初期は手足の指の関節に、悪化すると手首や足首、肘や膝と次第に体の中心に向かって進行していき、さらに悪化すると眼や肺や心臓等体のあちこちで合併症を引き起こします。

男性より女性が罹りやすく、一般的に20代後半から罹る可能性があるとされていますが、子供でも発症する場合があり、また遺伝も少なからず発症に関係しているようです。 症状の程度は人によって異なり、手指の関節に腫れを生じてもそれ以上悪くならない人がいたり、着々と症状が進行し悪化していく人がいたりと様々です。

関節リウマチかどうか判断する基準は、朝の起床時に手の強張りが認められ、それが30分以上続くかどうか、関節をしばらく動かさない状態を続けていた時に強張りがあるかどうかの二つあります。 プラセンタは細胞を活発化し炎症を抑える作用があり、その作用が関節の細胞を若々しくし関節を攻撃する免疫機能を落ち着かせるので、関節リウマチに効果を発揮します。

しかしそれでもプラセンタだけで関節リウマチを治療するのは実際厳しく、他に関節内にある軟骨の素となるグルコサミンやコンドロイチンも一緒に摂る事で相乗効果を狙う方が現実的です。

また関節の炎症を抑える食品の魚類、オリーブオイルを摂る事も関節リウマチに良いといわれています。 このようにプラセンタをはじめ様々な方法を利用するのが関節リウマチを治療する要点となります。