眼精疲労

プラセンタは眼精疲労に効果があるとされています。 眼精疲労は目の痛みやかすみ、充血等の症状が、しばらく経てば治まるような一時的なものでなく、継続的に続く疾病です。肩こりや頭痛等、目以外の箇所に症状が出る事もあり、ひどい時にはめまいや吐き気を催します。 以下に眼精疲労の原因を何点か説明していきます。

まず更年期障害や自律神経失調症等、別の病気が隠れている事が挙げられますが、それらの病気からくる症状の一つとして眼精疲労が現れます。 次に精神的なストレスが考えられます。人は精神的なストレスを与えられると、交感神経が興奮して副交感神経より優位になり、体が緊張する事で胃腸の動きが抑制され、瞳孔が大きくなる等体に変化が起こります。

この状態が慢性的に続くと体は疲弊し、血の流れが悪くなったり、活性酸素が多く発生したりするようになり、胃や十二指腸等体のあちこちに不調が見られるようになります。それが目に来た場合、眼精疲労という形で出ます。

プラセンタには更年期障害や自律神経失調症を和らげる効能や、精神を安定させ、血行を促進し疲労を回復させる作用があるので、眼精疲労を良くする可能性があります。

また目の細胞の新陳代謝を活発にするビタミンA、目の充血を防ぎ、視神経が適切に動くのを助けるビタミンB群、活性酸素を抑えるビタミンC、ビタミンAの吸収を促すビタミンD、血流を良くするビタミンEをプラセンタは含んでいます。 毎日眼精疲労に悩んでいるなら、プラセンタを解決候補に入れてみてはどうでしょう。