月経困難症

月経困難症は俗に生理痛と呼ばれ、生活習慣や体質等が原因の原発性月経困難症と、子宮に関する病が原因の続発性月経困難症の二種類に分類されます。 月経困難症は月経時に下腹痛、腰痛、頭痛、吐き気、悪心等の症状が出ますが、これらの症状が出る理由として原発性月経困難症の場合、骨盤がゆがんでいたり、体が冷えていたりする事で腰回りの血行が悪化している事等が考えられます。

また、月経時に子宮内膜で生成されるプロスタグランジンという物質が過剰に分泌される事が挙げられます。プロスタグランジンはホルモンに似た物質で、血管の拡張、血圧の上昇または降下、内臓筋の収縮等を行う他に、子宮の収縮も行います。この物質の量が過剰だと子宮の収縮もその分強くなるので、月経困難症の症状につながります。

続発性月経困難症の場合、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症等が発症しており、これらの病が子宮やその周りを圧迫、刺激するために月経困難症が起こります。 原発性月経困難症か、続発性月経困難症かを判断するには病院で診察を受ける必要があります。そこでは痛みの程度を基準として月経困難症の種類を判断します。 検査する場合は内診や超音波断層法等で子宮に疾患があるかないかを確かめます。

もしも原発性月経困難症ならば、症状が軽度の時は非ステロイド性抗炎症薬で痛みを減らし、症状が重度の時は女性ホルモンを制御する薬で排卵を抑えます。

プラセンタには様々な効果があり、特に血行促進の作用が働くとされるため、原発性月経困難症に効果がありますが、もしも続発性月経困難症ならば、プラセンタで症状を良くするのは難儀なので、病院での治療を優先させます。