美肌

プラセンタは元々、更年期障害や肝障害の治療薬として利用されていましたが、近頃は美肌にも利用されるようになりました。 それはプラセンタの持つ細胞活発作用、メラニン生成抑制作用、保湿作用、血行促進作用、活性酸素除去作用が、肌にプラスに働くからです。 こういった作用が働くのは、プラセンタがアミノ酸、ビタミン、核酸等の栄養素を持っているためです。

アミノ酸のアルギニンが血液の流れの改善を、プロリンが肌の組織と組織を結ぶコラーゲンの生成を、システインが活性酸素の抑制を、セリンが肌の潤いを司ります。 ビタミンのB群が代謝の仲立ちをする酵素を補助し、ナイアシンが血行を促進し、Cがメラニンの生成を抑えコラーゲン生成を手伝います。 核酸のDNAとRNAが肌の新陳代謝を手助けし老化を防ぎます。

またプラセンタにはこういった栄養素だけでなく体のあらゆる部位の細胞分裂を促す成分、成長因子があります。 成長因子のうち、EGFとFGFが肌の細胞分裂に関与し、コラーゲンやそれを支えるエラスチンの生成、保湿や弾力の向上、色素沈着の改善を促進します。

プラセンタの持つ肌に効く栄養素と成長因子が肌に有効に作用する事で、メラニンの蓄積が原因のしみやそばかす、肌表面の角質層の乾きや活性酸素が原因のしわ、コラーゲンやエラスチンの変形や減少が原因のたるみ等といった肌のトラブルを解決してくれます。 よって、プラセンタは美肌にも効果があるといえます。 なおプラセンタを注射と化粧品で取り入れた場合、大体7日で美肌効果が現れるようです。