厚生労働省の調査では平成8年の鬱の患者数は約20万でしたが、平成20年では約70万と、およそ3.5倍も増えている事が分かっています。 しかし、鬱である自覚がないまま生活を送っている人や、自分は鬱ではないかと疑っても、病院に行くのに抵抗があり受診しない人がいる事から、実際は鬱を患っている人はもっと多くいると予想され、早急な対策が望まれます。

鬱は悲しい出来事や責任の重い仕事で大きなストレス負荷がかかる事が原因ですが、この時脳内ではどんな反応が起きているのでしょうか。 脳内では様々な神経伝達物質が分泌されますが、強いストレスを受けると、特に精神を沈着させるセロトニンと、脳に意欲を出させるノルアドレナリンの量が減るという反応が起きています。

これでセロトニンとノルアドレナリンが脳で機能しづらくなるため、鬱の症状であるいらいらや、何かをする気力が湧かないといった事等が発現するようになります。 ですから鬱を治す際は、基本的にはこの二種類の神経伝達物質量を増やす事がポイントです。

方法としては精神科、心療内科で受診し、薬を処方してもらい、人為的に増やすというものがありますが、受診に抵抗があり、薬の副作用が気になる人はプラセンタを摂取します。 プラセンタにはトリプトファンというセロトニンを作るのに要るアミノ酸の一種が、またチロシンやフェニルアラニンというノルアドレナリンを増やすのに良い成分も入っているので、鬱に効きます。副作用の心配も原則ありませんので、安心して使う事ができるでしょう。